交通事故が発生した場合の損害賠償

交通事故が発生した場合は加害者はどのような法的責任を負うのかということを知っておく必要が求められます。加害者が負う法的責任には、主に刑事責任や民事責任、行政上の責任が問われます。このうち民事責任とは、損害賠償の支払いの責任が問われることを指しています。交通事故が発生した場合は、直接の被害者の人が直接の加害者に対して損害賠償を請求が可能な特徴があります。こうした事故が死亡事故となってしまうと、被害者の方は亡くなられており、被害者の方のこの請求権を相続した相続人が代わって請求することが可能です。死亡事故やそれに匹敵するような重大の場合には、被害者の近親者も、近親者の固有の慰謝料を請求することが可能になる場合があります。交通事故が発生した場合の損害賠償の特徴を理解して、もしかしたら起こる可能性のために事前に知識を把握しておくことは大切です。

交通事故の損害賠償基礎知識

交通事故の損害賠償の話の前に自動車保険の基礎知識のお話です。自動車保険の補償についてどこまで理解しているか自信のない人がほとんど。対人、対物は無制限に入っているから大丈夫、なんて人は本当に事故がおきた時大変なことになります。例えば相手のクルマが年代物のクラシックカーだとします、見る人が見れば価値のあるクルマで百万円でも安いくらいなんてクルマでも、移動手段としてのクルマ本来の価値ではゼロに近いものでしょう。そんなクルマにあなたは追突してしまった場合、相手から修理費が30万円という損害賠償の請求がありました。あなたは今対物は無制限に入ってるし大丈夫だと考えていませんか。保険会社はそのクルマの価値分しか支払ってくれません。いくら修理費が30万円でもクルマの価値が10万円しかなければ法律的には10万円しか払わなくてもいい、しかしそれでは相手さんは怒り心頭、保険会社が払わないのならお前が払えと個人攻撃してくるでしょう。だから保険の知識が必要です。

交通事故の損害賠償請求の相手側の特徴

交通事故の損害賠償請求の相手側の特徴は、加害車両の運転者などの直接の加害者です。直接の加害者に資力がない場合などは、直接の加害者以外の人に請求できるのかの有無の検討を行う必要があります。運行供用者責任や使用者責任、監督義務者責任などを負う場合は直接の加害者ではなくても、請求できる場合があります。交通事故の損害賠償請求の相手側の特徴は、事故を起こした加害者の本人ということが基本です。この場合の直接の加害者とは運転者に関する部分が当てはまりますが、加害者に対しては請求できる争いを行うことはなく、それ以外の人に損害賠償を請求ができるのかが問題となる場合があります。請求ができない場合は直接の加害者に支払い能力がない場合が当てはまります。支払い能力があると、請求すればよいだけですが、直接の加害者が任意の保険などに加入していれば、支払いされる面の問題は生じずに交通事故の請求が可能です。

交通事故の法律問題に関するお問い合わせは当法律事務所のサイトからも受け付けています。 専門スタッフが病院への同行も行う事務所です。 関東近県以外の都道府県も出張対応いたします。 治療中の方についても、後遺障害等級や賠償額の見込みを丁寧にご説明し、後遺障害等級申請も行います。 交通事故被害者の後遺障害等級申請サポートあり、交通事故事案の示談交渉、賠償請求、訴訟を行います。 交通事故の損害賠償の解決ならおまかせ